iDeCo(イデコ)とつみたてNISA~税制優遇が有る積立投資比較~

iDeCo(イデコ)とつみたてNISA~税制優遇が有る積立投資比較~

iDeCo(イデコ)とつみたてNISAとは?

男性
最近「NISA」や「iDeCo(イデコ)」、そして2018年から「つみたてNISA」など新しい投資商品が次々でてるけどこの3つはどう違うんだろうね?
どれも投資運用益に税金がかからない「非課税制度」でしかも「iDeCo(イデコ)」は「所得控除」もあって所得税・住民税も軽減される制度なんですよ
女性
男性
じゃあ3つの制度全て利用すればとっても得になるよね?
ただ3つ同時には利用できませんし、投資できる期間がそれぞれ違うんですよ。なので20代~50代まで各世代ごとにうまく使い分けるのがメリットを最大限に活かすコツだといわれています
女性

投資での運用益が非課税となる優遇制度の拡充が進んでいます。

「NISA」「iDeCo(イデコ)」に続き2018年からは「つみたてNISA」もスタートしました。

「iDeCo(イデコ)」なら払った税金までもが所得控除で戻ってきます。

それぞれの制度の特徴やメリット・デメリットをキチンと理解してうまく活用すれば、投資リターンを押し上げて資産形成効果を高めるのに大変適した制度といえるでしょう。

NISAの特徴まとめ

  • 対象者:20歳以上
  • 非課税になる年間投資額:120万円
  • 非課税になる最大投資額:600万円
  • 資金の引き出し:いつでも可
  • 非課税期間(最長):5年
  • 可能な投資先:国内外株式、投資信託、ETF、J-REIT
  • 併用できるのは?:iDeCo(イデコ)※つみたてNISAは不可

つみたてNISAの特徴まとめ

  • 対象者:20歳以上
  • 非課税になる年間投資額:40万円
  • 非課税になる最大投資額:800万円
  • 資金の引き出し:いつでも可
  • 非課税期間(最長):20年
  • 可能な投資先:投資信託、(ETF※1)
  • 併用できるのは?:iDeCo(イデコ)※NISAは不可

※1金融庁の「つみたてNISA投資対象商品」に含まれていますが2017年10月現在は対象無し

iDeCo(イデコ)の特徴まとめ

  • 対象者:20歳以上60歳未満
  • 非課税になる年間投資額:公務員14.4万円、会社員27.6万円、自営業81.6万円
  • 非課税になる最大投資額:576万~3264万円※2
  • 資金の引き出し:60歳以上
  • 非課税期間(最長):40年
  • 可能な投資先:投資信託、定期預金、保険商品
  • 併用できるのは?:NISA又はつみたてNISA

※2職業によって異なる

男性
なるほど、見比べるとどれも非課税になる期間や投資額、投資先などが少しずつ違っているね。なんだかややこしいなあ
そうですよね。まずは最低限押さえておかなければならない3制度のポイントからみてみましょうか
女性

「NISA」「つみたてNISA」「iDeCo(イデコ)」3つの制度のおさらい

まず最初に押さえておかなければならない5つの大切なポイント(=各制度のデメリット面)

  • 「NISA」「つみたてNISA」は同じ年に併用できない
  • 「NISA」非課税期間が最長5年で一番短い
  • 「つみたてNISA」は投資対象が金融庁の基準を満たした投資信託・ETFに限られる
  • 「iDeCo(イデコ)」60歳まで積み立てた資金を引き出せない
  • 「iDeCo(イデコ)」は投資対象が投資信託、定期預金、保険商品に限られる

 

最低投資金額(月々) 投資商品 主な取扱い業者
iDeCo(イデコ) 5000円~ 投資信託、定期預金、保険 各金融機関(証券会社、銀行)
つみたてNISA 100円~ 株式、投資信託 各金融機関(証券会社、銀行)

iDeCo(イデコ) つみたてNISA
税制優遇≪掛け金≫ 全額所得控除
税制優遇≪運用益≫ 非課税 非課税
税制優遇≪給付金≫ 公的年金控除、退職金控除
対象者 20歳以上60歳未満 20歳以上
非課税期間 60歳まで 投資から20年
引き出し制限 60歳まで引き出し不可 なし(いつでも可)

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」徹底解説

iDeCo(イデコ)についてさらに深堀り

男性
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」は老後資金作りに最も適したお得な制度ってことをよく耳にするけど、どうなんだろうね?
iDeCo(イデコ)が優れている点は「掛け金を納める時」「運用するとき」「受け取るとき」の3つの場面で税金がトク(優遇される)になるんですよ。
女性
男性
ヘー、それは凄そうだね!3つの場面でお得になる税金はどのようなものなのかな?
一つ目は掛け金の分が所得控除になって「所得税」と「住民税」が減ります。二つ目は投資で得た利益に通常かかる約20%の税金が非課税になります。三つ目は60歳以降に確定拠出年金を受け取る際、公的年金等控除制度の対象になること、です。
女性
老後のために投資信託を買うとか年金保険に加入することを検討している方は個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」で始めるのが得策といわれているのはこの3つの税制優遇があるからなんですね。
女性

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは、国民年金や厚生年金など加入が義務付けられている公的年金に加えて自主的に加入することができる私的年金として、老後の生活や自分のセカンドライフをより豊かにするため、長期で毎月一定額を積み立てる制度です。

以前は自営業者など一部の方しか加入することができませんでしたが、2017年1月に行われた制度改正により、加入対象者が拡大し、20歳以上から60歳までなら企業年金に加入している会社員、公務員や専業主婦(主夫)の方など基本的に誰でも新たに制度を利用することができるようになりました。

最近個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」が特に注目されている大きな理由としては、毎月の掛金に応じて所得税や住民税が安くなるなど税制優遇が大きく現役時代からメリットがあるためです。また掛金積立時、運用時、受取時の3つのステップにおいて、大きな税制優遇を受けることができますが、数ある資産形成支援制度の中でも、3つの優遇があるのは個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」だけで、加入期間や年収によっては、合計で1百万円以上の節税効果が期待できます。

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」向け金融機関比較

楽天証券
SBI証券 マネックス証券 松井証券 大手A証券 大手B銀行
月額手数料(総額)※1 167円 167円 167円 167円 167円 422円
投資信託取扱本数 30本 63本 21本 12本 19本 8本
うちアクティブ型 17本 24本 7本 2本 7本 無し
純金積立 ○(月1000円~) ○(月1000円~) ○(月1000円~) 無し 無し 無し
IPO取扱い 無し

※1…国民年金基金連合会や事務委託先金融機関(信託銀行)が設定する手数料等=月167円(税込)は共通してかかります。

店頭で対面相談を希望する場合は別ですが、そうでなければ最近はiDeCo(イデコ)専用コールセンターやチャット機能などを充実させている「大手4大ネット証券会社=楽天証券、SBI証券、マネックス証券、松井証券」がコスト面や使い勝手、各種サービス面(つみたてNISA・ロボアドバイザー投資・IPO(新規公開株)申込他)など様々なサービスが充実していることから断然人気が高いですね。
女性

楽天証券


SBI証券

マネックス証券
マネックス証券 iDeCo

松井証券

「つみたてNISA」徹底解説

つみたてNISAについてさらに深堀り

男性
「つみたてNISA」は個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」ほど税制優遇面のメリットはないよね。

※つみたてNISA=「運用するとき」のみ
※iDeCo(イデコ)=「掛け金を納める時」「運用するとき」「受け取るとき」

男性
だったら「つみたてNISA」のメリットってなんだろう?
「つみたてNISA」がおすすめな点は「いつでも現金化できる」ところですね。若い方が投資を始めた時は色々なライフイベント(結婚、出産、育児、進学など)で何かと物入りです。そのような時にまとまったお金が必要になってもつみたてNISAなら引き出し(出金)可能です。
女性
また「つみたてNISA」であれば掛金の金額変更が容易です。「iDeCo(イデコ)」の場合は、紙の変更申請書類を申し込んで郵送してもらい、それを返送して1~2ヵ月してからようやく掛金変更となります。しかも、年1回しか変更できません。一方、「つみたてNISA」ならインターネット上で自由に掛金の変更が可能ですし、換金もパソコンやスマホの操作でできるようになっているんですよ。
女性

つみたてNISA向けネット証券

楽天証券

マネックス証券
マネックス証券

松井証券

「NISA」「つみたてNISA」「iDeCo(イデコ)」=世代別最適制度まとめ

NISA つみたてNISA iDeCo(イデコ) 備考
20代 将来のライフイベントが不確定で投資を行う余裕もあまり大きくすることが難しい世代です。
投資の入り口としてまずはつみたてNISAを始めるのがお勧めです。
最長で20年間非課税メリットが得られ万が一のときは出金も可能となっています。
30代 結婚・出産・育児・進学など重要なライフイベントが次々と訪れる30代はつみたてNISAで
資産運用を行うのがよいでしょう。さらに余裕があればiDeCo(イデコ)で老後資金を
備え始めてもいいでしょう。
40代 ○※つみたてNISAでもOK ライフイベントの資金が貯まったら、老後への備えを検討したい年代です。
所得控除があるiDeCo(イデコ)を最優先で使い、NISA(又はつみたてNISA)で補完すれば
さらにメリットを受けることができます。
50代 iDeCo(イデコ)は掛け金が限られるうえに加入から10年未満だと受取時期が60歳より
繰り下がります。1年あたりの非課税枠が最も大きいNISAを使って無理のない範囲で
老後資金の積み増しを行うのがいいでしょう。

更新日:

Copyright© じぶん年金のための積立投資実践ブログ~ゆとりある老後生活のための資産づくり~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.